市役所の方々と連携し、新松戸の住民を守る

 災害時に学校は避難所として開設される可能性があります。しかし、学校職員が学校へ向かい到着するまで時間がかかるのも事実です。そこで、学校の近くにお住まいの松戸市役所職員の方々にお力を頂き、「災害時避難所直行職員」として学校に向かい、市役所と連携を図り状況を伝え合い、迅速で正確な対応を図れるような体制を整えています。その練習も行いました。(下の写真) 災害等の緊急時には、あらゆる要望が寄せられ対応を迫られる状況が考えられます。自助、共助、公助の意味を今一度確認し、共に助け合う精神の下、活動していきたいと思います。